脱毛サロンによって脱毛の種類が違う場合がある

subpage01

脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛には脱毛サロンによって幾つかの種類があります。

多くの脱毛サロンが採用しているのがIPL脱毛という種類になります。IPL脱毛は、キセノンランプをお肌に照射して行う脱毛の施術ことを指します。
キセノンランプは、フォトフェイシャルの施術にも使われている光で、お肌を白く仕上げる効果や、シミなど、お肌のトラブルを治療する効果が得られるとされています。

脱毛サロンのココだけの話をしましょう。

お肌の働きを活性化させてコラーゲンをたくさん分泌させる効果を得ることも期待できます。

メラニン色素に吸収される性質がある波長がムダ毛に反応して毛乳頭の働きを抑え込みムダ毛が再生される作用を衰えさせます。



脱毛サロンによってはS.S.C脱毛を採用しているところもあります。


S.S.C脱毛もメラニン色素に特殊な光を吸収させ毛乳頭の働きを抑え込むのはIPL脱毛と同じですが、S.S.C脱毛では特殊な光をお肌に照射する前にムダ毛が成長するのを抑える成分が配合されているジェルを塗るところが異なります。


S.S.C脱毛ではジェルによる相乗効果でムダ毛は抑える働きを高めてくれます。


ジェルにはムダ毛が生える働きを抑える効果が期待できる成分が格納されているカプセルが含まれていて、そのカプセルが特殊な光を照射したときに破れて、ムダ毛を抑える効果がある成分が毛穴の奥に浸透していくという仕組みになっています。



S.S.C脱毛はキセノンランプよりも、お肌に刺激が少ないクリプトンライトを照射するので、痛みが抑えられます。